鳳凰三山 観音岳の「農牛」

情報提供 南アルプスNET

この山の一体どこに農牛が???

「5月に観音岳東面に現れる融雪の形は農牛(のーし)と呼ばれ、白根農鳥岳の農鳥とともに、農候を告げる自然暦として有名」 だそうですから、よ〜く探しましょう。

   

お〜、ここでした♪ 

牛といえば牛ですが、アニメに登場するイタズラオオカミのような気がしませんか?

もっとも昔はアニメも漫画もありませんでしたから、身近な家畜に見立てるのが自然だったのでしょうね。

   

元の写真が小さいのでUPにしたら余計見づらくなってしまいました。ますます「ワニ顔のオオカミ」になってしまいました

それにしても「のーし」と呼ぶのがいかにも地元っぽくてよろしいですなぁ♪

   
 
昔、この山を入戸野地域では「農牛ノ岳」と呼んでいたそうです。
それにしてももう少しはっきりと写真に撮りたいものですね。
今冬の宿題がまた増えました・・。

戻る