編笠山の獅子

編笠山には獅子が出る。

獅子が虚空に吼えている。冬の寒波の熊退治か北の空の守り神か。

獅子の様子はどうかなと毎日窓から見上げるのが私の冬の楽しみなのであります。


我が家の玄関を出て北を向くとこういう↑風景が望めます。
南北に長い八ヶ岳山脈の最南端を仰ぎ見るという図です。
左が編笠山、右が三ツ頭、
真ん中の少し白いゴツゴツしたところが権現岳。

獅子は一体どこに?

少しズ−ムUPしてみました。
なんとなくわかってきましたネ。
左端の編笠山中腹の雪形をご覧下さい。

思い切ってUPするとすこし形が崩れますが

左に向かって吼えているような形が現れます

このくらいがよろしいようで。

ド−デス、中世の騎士たちの旗か、王家の家紋か。

そんな風にみえませんか。

長坂町あたりからしか見えない構図です。

子供たちはプーマと呼んでいます。


●「編笠山の鯉」もご覧下さい

戻る