編笠山の鯉
冬になると八ヶ岳に現れる2匹の鯉。八ヶ岳連峰の最南端、編笠山の山中で悠々と泳ぎはじめます。右側の鯉は川を昇っているように見え、左側の鯉は川を下っているように見えます。いわゆる「雪形」なのですが、富士見側からしか見えません。

まずは鯉の確認から。一番右の山が編笠山です。

う〜ん、遠くて分かりづらいかな・・。では拡大を。


これでどうです。

左右の稜線に1匹づつそれらしき雪形が見えてきましたね・・ん?

まだ分からない?では。


ハハハ、右側の雪形はかなりこじつけっぽいですな(^_^;)

しかし左側をご覧下さい。ど〜です!見事な鯉の川下りではありませんか。

この町の観光パンフレットにも紹介されております。

もっといい撮影場所、撮影条件が無数にあるはずですが、今日のところはこれでご勘弁を。


なにしろ
当方デジカメを買ったばかりで、これは
フォトショップElements2.0の使い方の練習としてやっているに過ぎないのでありますから(^_^;)
平成14年12月26日撮影です。
おかげさまで少しずつ様子が分かってまいりました。
それではごきげんよう。おつきあいありがとうございました<m(__)m>

・追加報告
以前スノーシューに出かけた時の写真に偶然鯉が写っていました。右端の山が編笠です


なを、続編「編笠山の獅子」をご期待下さい。

戻る